読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5か月の糖質制限実験

背景

小太りを通り越してデブになりそうな勢いがあったのでなんとかしようと思ったのですが、

という強い意志がありました。あと、結果にコミットしたくなかったし…(どうでもいい)

といったところで

1日6,000キロカロリーを食べて太らなかった男の人体実験が凄すぎる | パレオな男

という情報を得たことをきっかけに、流行しているらしい糖質制限食を知って、試してみることにしました。ダイエットというよりも「本当にカロリーって関係無いの?どうなの?」ってのを自分の体を使って実験したい!と思ったんですよ。さすがに1日6000キロカロリーは摂取しようと思いませんでしたが。

実施期間は1月中旬から6月中旬の5か月間です。7月になった現在でもズルズルと続けています。

結果

ゆっくりだけど体重が減りました!

あと、健康診断の数値も尿酸値が少し基準値からオーバーした以外は特に異常はありませんでした。自覚症状も特にありませんでした。

項目今年去年
血圧 118/74 118/76
総蛋白 7.7 7.2
γ-GTP 39 52
中性脂肪 114 142
HDL-C 54 48
LDL-C 132 110
尿酸 7.1 6.6
HbA1c 5.0 5.1

 めでたしめでたし!

計画

…ということを実行する前に考えたことがあります。少しググるとわかりますが、糖質制限食は、推奨する意見と警告する意見の両方があります。はっきり言って素人にはどちらが正しいのかわかりません。そこで、以下の中止条件を設けました。

  • 糖質制限を始めるとき(2015年1月中旬)から職場の健康診断がある時期(2015年6月中旬)までを実施期間とし、診断結果に異常が見られれば中止すること。※5か月の誤りなら後から挽回可能という考え
  • その他、体調不良の自覚症状があり次第中止すること。

また、これまで当たり前のように米や麺を食べていたところに急な制限をかけても続かないと予想されることと、なけなしの健康に関する知識を考慮して、食事の制限事項を以下のように定めました。

  • 糖質とは米、麺、パン、粉もの、芋、菓子、糖類を多く含んだ飲料、のことであり、これらが制限の対象である。果物、調味料、揚げ物の衣は制限しない。
  • 朝食には制限を設けない。
  • 昼食と夕食は糖質を摂取しない。
  • カロリーの制限は一切行わない。
  • 空腹を我慢せず、満足するまで食べる。
  • 外食時、メニューの構成上、糖質を制限できないときは摂取しても良い。
  • 旅行では糖質制限をしない。
  • お酒は制限しない。
  • 風邪など病気の際は一時中断して治癒を優先すること

食事の例

さて、これらの条件においてどのような食事を摂っていたかというと、一言でいえば「主食が減った分、その他が増えた」というだけです。自宅での夕食例を幾つか示します。

チキンステーキ, オムレツ, 焼きトマト

アジのなめろう, 野菜の煮物

いなだの刺身 (他、野菜を食べたと思うけど撮ってない)

なんだかお酒が目立ちますが、自宅では飲まない日の方が多いのであしからず。撮るときにお酒があることが多いだけです。ちなみに私はお酒の中でも糖質が多いと言われているビールと日本酒が特に好きです。なんという悪条件。それでも制限しませんでした。

あと、平日は会社で働いているのですが、朝食はカロリーメイト(100円で2本のやつ)とオレンジジュース500ml、昼食は社員食堂で主食を抜くというパターンがほとんどです。昼食で一番多い組み合わせは、{納豆、味玉、菜物か海草の小鉢、魚、味噌汁} です。

主食以外で特に変わったなと感じているのは、卵と豆腐と鶏肉の摂取量が増えたことです。卵は平均2.5個/日ほど食べていると思います。豆腐も週に3パックほどコンスタントに消費しています。オリジン弁当のから揚げや、ローソンのLチキを買うことが増えました。数えてはいませんが、いずれも以前より明らかに増えていることは間違いありません。

実感

数字としての結果は先述の通りで、さしたる異常はありませんでしたが、実感としてどうだったかというと特に精神的にキツイことも無く、身体的な異常の自覚もありませんでした。頭がボーっとすることも無ければ、便秘や下痢になることもありませんでした。

始めた初期こそ食事の見た目に違和感があったものの、2週間ほど過ぎてからは米を食べないことが普通だと思うようになりました。

今では「銀シャリが恋しい…!」「中本の北極が食べたい…!」と思うようなことはすっかり無くなってしまいました。目の前に出されれば食べるとは思いますが、自分から食べたいとは思わなくなりました。

もっとも、飲み会の後にラーメンが食べたくなることはあって、実際4回ほど食べてしまいましたが、基本的には主食を食べないのが普通で、主食とはうっかり食べてしまうとき以外は食べないものという認識です

個人的な継続のコツは、

  • ダイエットではなく実験と捉えること

です。ダイエットと思うと身構えてしまって続きませんが、実験であれば途中でインチキをするわけにはいかない!というバイアスが働くので続けやすくなります。時には途中でラーメンを食べたくなることがあるかもしれませんが、それは外乱による結果と捉えれば良いのです。

これから

実験期間は終了しましたが続けようと思います。運動をせずに糖質の制限だけでどこまで体重を落とせるものか試してみます。健康診断の結果だけで健康面の懸念が無いとは言い切れないのですが、実験以前よりは健康でしょうと思うことにして続けます。

あと、尿酸値が基準値をオーバーしたのはビールしか思いあたるところが無いので、ちょっとだけ控えるつもりです。

さいごに

  • 「運動なんてぜってーやんねー!」
  • 「運動なんてダッセーよな!」